認知症を患われている義父を持つ友人と話をした

症状がかなり進んでくると
トイレのことが問題になってくる

我が家も 私は 夜は母の隣の部屋でねている

母が起きた気配に気づくと
一緒にトイレについていき
介助する

上手くできる時もあるけれど
間に合わず
足元まで尿で濡れている時には
ホットタオルで体を拭き
着替えをさせて
寝かしつけ

それからトイレの掃除
廊下も拭いて〜〜

すっかり目が覚め
身体は冷える

それでも翌日は仕事に出かけないといけないわけで

そんな事情を ケアマネジャーや
主治医に訴えて
ようやく 要介護4になった

要介護3以上なら 特養に申し込める

友人の義父も
ゴミ箱に用を足したり
腰高窓から外へ放尿したりと

かなり症状が進んでいるけど

介護度は 要介護2

この違いは何だろう

家族の働き方?疲れ方?

友人には もう一度介護度の認定をしてもらうように伝えた

判定はきっと難しいのだろうと思う
はっきりした基準が
あるようでないのかもしれない

財政が厳しくなった行政は
なかなか介護度を上げられないという事情を抱えている

ヘルパーの利用者さんの中には
認定に納得されていない方も多い

誰もが納得できるわかりやすいシステムにしていかないといけないのではと思いました
ブログランキング参加中!よろしければクリックお願いします!!↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護サービスへ

Related Entry

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM